歯磨き・詰め物・ナイトガード

木製歯ブラシ

歯磨きとむし歯、歯周病

 

歯磨きをしてもトラブルが起こる理由​

 

むし歯も歯周病も原因菌によって引き起こされる病気です。

・お口の中の細菌を病気にならない許容範囲の数に抑えること、

・歯を強くすること

・手入れしやすい歯並びにすること

が大切です。

 

その予防の第一段階が歯磨きです。ですから歯磨きはとても大切なのです。

しかし歯磨きをしていてもむし歯、歯周病になる人がいます。

歯周病は進行すると歯がグラグラして噛みにくくなります。

歯磨きをしてもむし歯、歯周病になる人

・加齢による唾液の量の減少

・糖尿病やシェーグレン症候群などで唾液が出にくくなる

・薬の副作用による唾液量の減少

このような方はむし歯・歯周病になる可能性が高い方々です。

このような方でも原因を調べ、治療や生活習慣を改善することで、予防することができます。

 

むし歯や歯周病になり、悪くなった所だけを治しても、原因となる菌を治療しなければ再発してしまう可能性が高いのです。

しかしキチンと原因を追及し、患者様一人ひとりの状態に合わせた予防処置をすればむし歯・歯周病を防ぐことが可能になります。

 

むし歯の後の詰め物は一生ものじゃありません

詰め物の寿命は意外に短いです

歯を削って詰め物をして、治療が終わった!もう歯科医院に行かなくてもいい!

という訳ではありません。そのまま放置するとまたむし歯になる原因になります。

 

実は詰め物には寿命があり、平均約5年と言われています。

 

その理由は

・かぶせ物は絶えずお口の中でぬれた状態である

・強い力が食事の度に負荷がかかる

・歯ぎしりや食いしばり等で力がかかる

・歯と詰め物の境には段差があり歯磨きしにくい

 

一度むし歯になった場所は、再びむし歯になる可能性は高いと考えられます。

むし歯になって同じ歯を何度も治療すれば歯が少なくなりシミやすくなります。むし歯が深く残念ながら神経を除去した歯はシミなくなりますが、むし歯になっても気づきにくくなっています。大きく穴が開いたり、詰め物が外れて初めてむし歯に気づくこともあります。さらには同じ歯を何度も削ると段々歯が弱くなり割れやすくなります。

 

こうなる前に原因を調べ、定期的に管理する必要があります。

当院での治療

ぬりや歯科では、かぶせものの性質や接着材にもこだわったものを使っており、

詰め物をした後も定期的な点検で予防を行っています。

歯にかかる力を防ぐナイトガード

 

ナイトガードをおすすめしています

実はむし歯、歯周病とともに歯にかかる力の管理が大切なことが分かっています。

力とは、歯ぎしりや食いしばりによる歯にかかる力の負担のこと。

このような力によって特定の歯に過度の負担がかかると、こんなトラブルが発生します。

・詰め物が外れる→むし歯の再発原因

・歯が動いて、歯並びが悪くなる

・疲労が蓄積して、歯の根が割れる

・強い力によってあごの関節に痛みが出る・雑音がする、口が開けにくくなる(顎関節症)

・頭痛・肩こりや耳鳴りが出る方も

 

このようなトラブルを防ぐために、むし歯や歯周病の治療後、歯が長く使えるように力のコントロールを継続して観察していく必要があります。

当院での治療

ぬりや歯科では、ナイトガード(マウスピース)を日中や就寝中などに使って頂くことをオススメしています。

ちなみに、ナイトガードは保険適用でお作り出来ます!