• ぬりや歯科

今回は新たな糖質、希少糖について

最終更新: 2020年10月16日

希少糖(きしょうとう、英: rare sugar)とは

国際希少糖学会によって「自然界にその存在量が少ない単糖とその誘導体」と定義され 、自然界に豊富に存在するD-グルコースやD-マンノースなどを除いた単糖の大部分を占めています。 希少糖の中で最も研究が進んでいるD-プシコースは、砂糖の7割程度の甘味がありながら、カロリーはほぼゼロです。

さらに、「食後の血糖値上昇を緩やかにする」、「内臓脂肪の蓄積を抑える」といった研究結果が報告されている 。

むし歯の原因菌であるミュータンス菌は希少糖をうまく代謝できないこと、菌の生育や酸を作る能力を抑制することなどから、製品化が期待されています。

受付、永井