予防歯科・一般歯科・小児歯科・口腔外科・審美歯科・インプラント

ぬりや歯科医院はスピード対応が自慢です。

076-237-8841

受付時間: 午前9:00~12:30 / 午後14:30~18:00
所 在 地: 石川県金沢市大友2-90アクセスマップ

冷たい水がしみる。詰め物が何度も外れる。歯の根が折れた経験?

最近、本を読んでいて「なるほど!!」と、うなずくことがありました。

・冷たい水がしみる。
・むし歯でもないのに詰め物が何度も外れる。
・歯の根が折れたり

など悩みや経験はありませんか?

実は、”歯ぎしり””食いしばり”などに原因がある場合があります。

前述の口の中で起こることは、突然起こるようですが、
これらの原因で、歯に過剰な力が掛かり、無理が続いた揚句に起こる
トラブルだというのです。

「私は、そんな癖は持ってないよ~」とおっしゃるかもしれませんが、知らない間に
それは発生しているかもしれません。

ストレスの多い現代、歯ぎしり・食いしばりは程度の差はあれ、寝ている間など
誰もがやっていると思ってもいいでしょう。

そのストレスそのものを解放することは困難かもしれませんが、
我々歯科医は、歯にかかる異常な力の弊害、患者さんの無意識の癖にアドバイスし、
力のコントロールを始める必要があります。

さらに、原因を排除できない場合は対処療法としてのナイトガード(マウスピースのような用具)もあります。
歯を失う危険性が、むし歯・歯周病だけでなく、ストレスや癖による歯ぎしり・食いしばりといった直接目に見えないところにもある。
木を見て森を見ず。まだまだ研鑚しなければと感じます。

歯周病と認知症の関係?


12月22日、東京で大学院時代の研究室の集まりに参加しました。

その際、同期入局の上條達央先生が出版したとの報告がありました。
”歯のないひと、ボケるひと”という本です。

彼の親族に発症した認知症について、どうして元気だった祖母・伯父がなぜ?

身近で起きた病気になった方が、若い時期に総入れ歯になっていたことが(歯周病など)
共通する点であり、特徴であることから、歯と認知症の関係を調べました。

実際に歯がない方が100%認知症になるわけではありませんが、
高齢者でも残っている歯が多ければ多いほど、自立歩行・生活・仕事といった
豊かな生活を送っていらしゃることが報告されています。

良く咬む子供がそうでない子に比べ知能指数が高い傾向にある。など、
歯でかむことと脳の機能が密接に関係していることなど、優しい言葉でわかりやすく書かれていて、
彼にこんな才能が有ることに驚きました。

現在、歯を残すための治療。予防にスタッフとともに頑張っているぬりや歯科にとっては
励ましの本であることは間違いなく、さらなる医療への取り組みに導いてくれたたことに感謝したい一冊でした。

※歯周病について
歯周病と関係がある病気は
糖尿病、誤嚥性肺炎、狭心症、心筋梗塞、認知症、妊婦の低体重児出産・早産や骨粗鬆症
と、言われています。